トップサイトマップトイレトレーニングのコツ

実際にやってみてわかった、お気楽にできるトイレトレーニングの方法をご紹介しま すね。
はじめるタイミングは、いつでもOKです。
我が家の体験記も後述していますので参考に(^_-)

<トイレトレーニングの方法>

1.トイレは排泄する場所だということを教えます。

 まずは、ここはオシッコやウンチをする場所なんだよ-ってことを教えてあげてください。
 手っ取り早いのは、実際にしているところを見せるのがいいと思います。
 うちの場合は、ママがトイレに行くと泣く子だったので、赤ちゃんのときから一緒にトイレに入って、いつもママがするところを目の当たりにしていました(^_^;

2.トイレの便座に座るトレーニングをします。

 次に、補助便座を用意します。
 できれば子供の気に入ったもがいいでしょうね♪
 好きなキャラクターのものなんかだと喜ぶかもしれません。

         

 最初は、トイレを怖がったり補助便座に座るのを嫌がったりする場合もあるので、「トイレで座る練習をしようね!」と説明をし、座ることができたら大いに誉めてあげましょう。

 1日1〜3回くらい座る練習ができるといいでしょうね。
 ここでは、便座に座れるようになることが目的なので、排泄させる必要はありません(したが ればさせてもいいのかもしれませんが・・・)。

 正面に好きなキャラクターのカレンダーや好きなキャラクターのポスターを貼ったり、かわいいトイレグッズを使ったりするのもGOODですよー♪

3.1時間に1回トイレに誘います。

 補助便座に座れるようになり、ある程度排泄の間隔があいてきたら、時間をみながらトイレに誘いましょう。
 最初は、朝起きたとき、昼寝から起きたとき、ご飯の後で、おやつのあとで、帰宅したときなど1日数回誘うことからはじめてみるといいと思います。
 慣れてきたら、1時間に1回くらいのペースで誘います。

[POINT]

遊びに夢中になっているときなどは嫌がると思うのでタイミングをずらすこと。
 無理強いをしないこと。
 もし、偶然トイレで排泄できたときには大いに誉めてください♪

 この段階だと、トイレで排泄できたとしても、それは単なる偶然ですので、トイレに誘う前にオムツがぬれているのがあたりまえです。

 ここでは、トイレに通うことと偶然排泄できたときの感覚を覚えさせることが目的なので、オムツがぬれていてもオシッコが出なかったとしても、まったく気にする必要はありません。

 もちろん紙パンツでOKです!むしろ、紙パンツで練習してください。
 ※布オムツの子は布オムツでいいと思いますよー。

4.排泄機能の成長とともに、パンツのグレードアップをしましょう。

 3のトレーニングをしている間に、少しずつ子供の排泄機能が成長してくると思うので、それに合わせて、
紙パンツトレーニング用紙パンツトレーニングパンツ ⇒ <綿パンツと、
徐々にパンツを変えていきます。

(1)紙パンツ⇒トレーニング用の紙パンツ

 誘ったときに、あまり紙パンツがぬれてないなーと思ったら、トレーニング用の紙パンツに変えてみましょう。
 これだと、ぬれたら気持ち悪いなーっていう感覚がわかるようになっていますが、漏れはしないので安心です。

(2)トレーニング用の紙パンツ ⇒ トレーニングパンツ

さらに、もうほとんどぬれることがなくなってきて、ある程度「おしっこ」と言えるようになってきたらトレーニングパンツに昇格させてみましょう!
 これなら、漏れたとしても多少被害が少なく済みます。

[POINT]

 まだこの段階では排泄機能が未熟で、なおかつまだオシッコ「したい」と思ってから実際に「出る」までの間隔が短いため、間に合わないことの方が多いと思います。

しばらくの間は、そういうものだと思ってママはおもらしに頑張って耐え、排泄機能が成長するのを気長に待ちましょう!

洗濯の手間を軽減する方法としては、汚れ物はお湯・洗剤の入ったバケツの中にどんどん放り込み、あとでまとめて洗うのがいいと思います。

お湯はもちろん冷めちゃいますが気にしなくてOK!そもそも水でもOKです。
そこにアロマオイル(ラベンダー)を数滴いれておくと、臭いが消えてくれてGOOD♪

バケツと書きましたが、実は私はそれすら面倒になり、お風呂の残り湯の中にじゃんじゃん放り込んでました(^^;
そのかわり、トレーニングパンツは15枚くらい持ってましたね。
そんなにたくさん買うのもったいないなーと思うかもしれませんが、ママはイライラせずに済みます!
お古でも充分だと思いますよ〜。

こんな少量だけ洗えるバケツ洗濯機なんてのもあるみたいですよ。

(3)トレーニングパンツ ⇒ 綿パンツ

 そのうち、「したい」から「出る」までの間隔を調節できるようになってきますので、そうするとお漏らしもぐっと減り、誘わなくても自分から「オシッコ」と言ってトイレに行けるようになってきます。

そしたら、晴れてパンツマン♪

綿パンツをはかせてあげましょう(^0^)

5.深夜や外出時のトイレトレーニング

昼間の自宅では綿パンツで大丈夫になったとしても、やはり寝ている間や外出時はまだまだ心配ですよね
しばらくは紙パンツで様子を見ましょう。
さらに排泄機能が成長してくると、オシッコの間隔も長くなってくるので、朝起きたときに紙パンツがぬれなくなってからトレパンに変えるといいでしょう。
外出の場合は、トイレの場所さえ確認して出かけるようにすれば、トレパン⇒綿パンツと昇格するのは比較的早いと思います

〜おまるについて〜

おまるを使う場合についてですが、
例えば、家がとっても広くてトイレが遠い場合なんかには排泄機能が未熟な間、有効だと思います!

トイレに怖くて行けない場合は、できればトイレを怖がらないように、好きなキャラクターのカバーにしたり照明を明るくしたりして、怖くないところだってことを教える方がいいと思います。

というのは、おまるでできるようになった後に、今度はトイレでする練習をしなきゃいけないから、2度手間になっちゃいます。

ただ、こればっかりは子供の個性があるので、子供の様子を見つつ、おまる補助便座と段階を踏むというやり方もあるかもしれませんが・・・。

でも、基本は補助便座の場合と同じ!排泄機能の成長を気楽に待つことです(^_-)

<トイレトレーニングの心得>

トイレトレーニングとは、排泄機能が成長するまでに、トイレで排泄するための練習をすることです!
排泄機能が成長した暁に、いつでも練習の成果を発揮できるようにしておくことなのです。

どんなにトイレで排泄させようと躍起になっても、排泄機能が未熟な間は、絶対にできません!
お漏らしは、子供のせいではなく、機能の未発達が原因なので、叱っても無駄です!

お気楽に、トレーニングをしながら排泄機能の成長を待つことが、簡単にトイレトレーニングを完成させるコツでーす(^_-)

<トイレトレーニング体験談>

    1才半−−−−−2歳−−−−−−2歳半−−−−−−3歳
おしっこ    (START)  (STOP)  (START)    →完了
ウンチ                       ☆(いつの間にか完了)

トイレトレーニングを最初に意識したのは、そうちゃんが1歳半くらいのときですかねー。
同じ保育園に通う男の子のママが、実は1歳過ぎてからトイレトレーニングを始めたという話を聞いてからです。
まだ早いかなーとは思いつつも、オムツをとりたいからがんばっているとのことでした。

ただ、そうちゃんの場合、まだ「おしっこが出る、出た」という感覚がよくわかっていないようだったので、そのときは、うちはまだ無理か、、、と思っていました。
が、1歳9ヶ月の頃に「出たー」と言うようになった(毎回ではありません)ので、それをきっかけに、トイレトレーニングを開始しました。

そうちゃんは8月生まれなので、2歳の誕生日を目指して、春から夏にかけてトイレトレーニングできたらいいなぁ、と思ったわけです。

そこで用意したのが、補助便座トレパンマントレーニングパンツです。

手始めに、オムツをトレパンマンにして、様子をみてみることにしました。
が、、、ぜーんぜん普通の紙オムツのときと変わりありませんでした・・・^^;
気が向けば「出た」という程度で、おもいっきりぬれてても平気な顔して遊んでる感じです。。。
休みの日には、布のトレーニングパンツも使ってみましたが、それでもぬれたまま平気な顔して遊んでました。。。
やっぱりまだ早いのかもしれないなー、と思いましたね。

それで、トイレトレーニングについてあれこれ調べてみたところ、「おしっこが出る」という感覚を脳がキャッチできるようにならないと、トレーニングを始めるのは無理だということがわかりました。
そうちゃんを見ていると、どうやらまだそうちゃんの脳はそれをキャッチしていないようなので、もう少し待ってみることにしました。

その後、そうちゃんは新しい保育園に移ったので、慣れるまではトイレトレーニングどころではなく、あれよあれよという間に2歳の誕生日を迎えました。
新しい保育園では、夏ごろから少しずつトイレトレーニングを始めたようです。トイレに誘い、座る練習からです。
園児みんなのトイレトレーニングをやるなんて、保育士さん達はホントに大変だと思います。感謝感謝です!

しかし、その頃からそうちゃんはすっかり便秘に陥ってしまいました。
これがまたトイレトレーニングどころじゃない状況を招くことになったのです・・・。
そうちゃんは、便秘&痔になってからというもの、「排便=激痛」というイメージが頭に焼き付いてしまい、トイレの便座に座ることすらできなくなってしまいました。

こうなると、まずは何よりも便秘を治すことが最優先!
それから何ヶ月もかかって、ようや便秘が少しずつ改善してきて、そうちゃんが便座に座ることができるようになってからトイレトレーニングを再開することになります。

※トイレトレーニング再開までの便秘改善への苦難の道はこちらから⇒子供の便秘、頑固〜!?

そんなこんなでようやく年が明けた頃からトイレトレーニングを再開することができました。
家でトイレトレーニングをSTOPしている間も、保育園では根気よくトイレに座る練習をしてくれていたようです。
そのおかげか、家の便座に座れるようになってからは、すぐにトイレでおしっこできるようになりました。
といっても、「おしっこ」とは言ってくれないので、誘わなければオムツの中でしてしまいます。

平日は、保育園で紙オムツで過ごしていますが、保育士さんが一時間毎にトイレに誘ってくれています。
土日は、家にいるときはトレーニングパンツで過ごしています。

トイレでおしっこできるのですが、トイレに誘う頃にはたいていパンツはぬれています・・・(^^;
当分はこれを続け、いつかぬらさない日が来るだろうと気長に待つことにしました。
ちなみに、今もっているトレーニングパンツは15着くらいです。

汚れたパンツは洗剤とアロマオイル(ラベンダー)1〜2滴を入れたバケツに放り込んでおき、まとめて洗濯します。
おしっこで汚れたパンツは洗っても臭いので、アロマオイル(ラベンダー)を入れておくといいですよー。

おしっこについては、そんな感じで、しばらくトイレトレーニングをい続けました。
そしたら、ある日突然、すっかりお漏らしがなくなりました!どうやら未熟だった排泄機能が成長してくれたみたいです!2歳7ヶ月ごろのことでした。

その後、2歳10ヶ月までには、夜もお漏らしがなくなり、すっかりパンツマンになりました!

ウンチについてはいつの間にかトイレトレーニング完了してしまいました♪

というのも、あの苦労した便秘のおかげで、、、そうちゃんはうんちはトイレでするものだと思っているらしく、ウンチしたくなったら必ずトイレに行きます。
インフルエンザで39度の熱があるときでも「ウンチ〜、トイレ行く〜」と訴えかけてきました!
よくよく考えてみれば、そうちゃんはもう何ヶ月もオムツの中でうんちはしていません。
これはトイレトレーニング完成といっていいですよねー(^_^)

というわけで、うちのトイレトレーニングの様子はこんな感じでした。


ランキング

   ママ★なび
   JRANKホームページランキング
   hpranking.com